柴又!東京の散歩道

画像
 5月5日ゴールデンウィークの一日柴又周辺を散歩した。
 当日は午後から雨の予想だったので、傘を携帯して出掛けることにした。八王子からは、京王線~京王新線~都営新宿線~都営浅草線~京成線~北総戦と乗り継いで1時間半で到着する。たくさん乗り継いだように見えるが、実際はそれほど大変さはない。
 最初に柴又帝釈天へお参りした。ここは、渥美清さん主演の映画「男はつらいよ!」の舞台となったところで、駅前には、寅さんの銅像が建っている。また帝釈天の門前は、だんご屋さん等の店が郷愁をそそる古いたたずまいで店を開いている。
 ここから7~8分ほどの江戸川には伊藤左千夫の小説「野菊の墓」で有名な矢切の渡しがあり、今でも手漕ぎの舟が対岸へ人を運んでいる。
 ここから更に江戸川の土手を上流に歩いていくと40分ほどで水元公園という比較的大きな公園がある。ここは、6月になると花菖蒲が見事に咲き誇り人々の目を楽しませてくれるようである。
 また、園内にはバードサンクチュアリが作られており野鳥の楽園となっている。アオサギのような大き目の鳥から小さな鳥まで観察することが出来る。
 広い園内には、生きた木の化石と呼ばれるメタセコイヤの林や、北海道で見られるようなポプラ並木も植えられている。休まず1周しても2時間以上は掛かると思われる。
 4月の花見の頃、6月の花菖蒲の頃に訪れたい公園である

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック